家にあるものでできる!失敗しないデリケートゾーンの黒ずみケア方法

家にあるものでできるデリケートゾーンの黒ずみケア方法

デリケートゾーンの黒ずみは気づいた時にはもうできてしまっていて、これからどうにかしようにも黒ずみケア商品やクリニックでの黒ずみ治療に使うであろう費用を考えると、誰しも「少しでも費用を抑えたい!」と思うものです。

そこで今回は、デリケートゾーンの黒ずみに対して家でできること、家にあるものでできることをまとめてみました。黒ずみの予防にもなるので、黒ずみないけど今のうちにケアはしておきたい!という方もぜひ参考にしてみてください。

家でできるデリケートゾーンの黒ずみケア

家でできるデリケートゾーンの黒ずみケア

家でできるデリケートゾーンの黒ずみケア方法は主に次の4つです。

4つの黒ずみケア方法

  • デリケートゾーンを刺激から守る
  • デリケートゾーンを正しく洗う
  • デリケートゾーンを保湿する
  • デリケートゾーンのターンオーバーを促す

家での黒ずみケアで一番大切なのは、とにかく衣類による締め付けやセルフ脱毛による摩擦を避け、できる限りデリケートゾーンに刺激を与えないことです。

外出時にはなかなか難しいことなので、家にいるからこそデリケートゾーンをより一層いたわりましょう。家の中でもお洒落したいんだという人は置いといて、家の中ではできるだけゆったりとした衣類を身につけるといいですよ。

また、デリケートゾーンをしっかり洗うのも、保湿するのも、ターンオーバーを促すのも、家でしかできないケア方法です。個人差はありますが、この4つをしっかりこなすことができれば、黒ずみケア商品に頼らなくてもバッチリ黒ずみケアができますよ!

デリケートゾーンを刺激から守る

デリケートゾーンを刺激から守るには、身につける下着や生理用品に気を使うことが一番です。黒ずみをなくす下着の選び方については、下着の選び方で詳しく説明しているのでぜひ参考にしてみてください。

【決定版】デリケートゾーンの黒ずみをなくす上手な下着の選び方

また、家ではいつもの下着を履くのではなく、家用としてサニタリーショーツや女性用のトランクス、ボクサーパンツなどを履くのがおすすめです。

デリケートゾーンを正しく洗う

デリケートゾーンを正しく洗うことも大切で、間違った洗い方をしていると必要以上に常在菌を洗い流してしまったり、デリケートゾーンを傷つけてしまったりと、黒ずみだけでなくにおいの原因にもなってしまいます。

正しい洗い方については、下の記事で詳しく説明しているのでぜひご覧ください。

デリケートゾーンの正しい洗い方は?「恥垢」を洗い流しましょう!

デリケートゾーンを保湿する

デリケートゾーンを保湿することによって、毛穴を引き締めて乾燥によるかゆみやかぶれを防ぐことで黒ずみが発生するのを未然に防ぐことができます。

デリケートゾーンを保湿する方法としてはクリームや軟膏などのケア商品を使う手もありますが、できればお金をかけたくないというのが本音ですよね。この記事の最後に、ケア商品に頼らずに家にあるもので保湿するとっておきの方法を紹介します。

デリケートゾーンのターンオーバーを促す

一番コストがかからないのは食生活を改善することです。「野菜をたくさん食べる」というシンプルな方法でもいいですが、ターンオーバーを促す働きがあるビタミン類や亜鉛、葉酸、たんぱく質などの栄養素がバランス良く摂れる食事を心がけるとなお良しです。

また、ピーリングやボディスクラブといった物理的な方法でも、毛穴に詰まった角質などの汚れをそぎ落として新陳代謝を活発化させ、デリケートゾーンのターンオーバーを促すことができます。

家にあるものでできるデリケートゾーンの黒ずみケア方法

それでは今回のメインである、「家にあるものでできる」デリケートゾーンの黒ずみケア方法を紹介したいと思います。

それはズバリ、先ほどチラッと紹介した「ピーリング」です。ピーリングと聞くと、専門のクリニックやサロンでしてもらわないと効果がないようなイメージがありますが、最近ではピーリングジェルなども市販で販売されていて、家でも気軽にピーリングができちゃうんです。

しかし今回は”家にあるものでできる”ということで、市販商品に頼らないとっておきのピーリング方法を2つ紹介したいと思います。

用意するのは「ヨーグルトとはちみつ」と「パパイヤとレモン」です。そんなの家にないよという方は、夕食の買い出しをするついでに買っておきましょう。

ピーリング【その1】

ヨーグルト

まずはデリケートゾーンを保湿しながらターンオーバーを促します。ここで使うのは次の2つです。

ピーリング食材

  • プレーンヨーグルト
  • はちみつ

デリケートゾーンに塗る量(ティーカップ1/3くらい)のヨーグルトを用意し、これにティースプーン1杯のはちみつを混ぜ合わせます。

これを膣内や粘膜につかないよう気をつけながら、Vラインや黒ずみが気になる部分に塗り3〜5分おきます。それからさらに追加して少し広めに塗り、もう2〜3分おいてから洗い流せばOKです。

手順まとめ

  1. はちみつ入りヨーグルトをデリケートゾーンに塗って3〜5分おく
  2. さらに追加して2〜3分おく
  3. シャワーで洗い流す

ヨーグルトが黒ずみに効くというはよく耳にしますよね。実はヨーグルトの「ホエイ」に含まれている「フルーツ酸」にその秘密があって、皮膚の表面にある角質や皮脂、垢などを溶かして新陳代謝を活性化する働きがあると言われています。

まさしくピーリングの効果と同じで、ヨーグルトにはさらに保湿を高める効果もあるので、ピーリング後の保湿ケアもできるのです。

また、はちみつにも保湿効果があって、空気中の水分を取り込む働きによりデリケートゾーンに潤いを与えてくれます。さらにデリケートゾーンから水分が蒸発するのを防いでくれるので、ヨーグルトを使ったピーリングととても相性がいいんです。

ピーリング【その2】

パパイヤ

次はさらにデリケートゾーンのターンオーバーを促して美白へと導きます。ここで使うのは次の2つです。

ピーリング食材2

  • パパイヤ
  • レモン

まずはパパイヤを半分に切って、ティーカップ半分くらいの量を繊維が残るくらいにスプーンでそぎ取ります。そこに半分に切ったレモンを絞り、スプーンでかき混ぜれば完成です。

これを膣内や粘膜につかないよう気をつけながら、Vラインや黒ずみが気になる部分に軽く置くようにして5分くらいおきます。そして、最後に軽くマッサージをするようにすり込んでから洗い流しましょう。

このとき、あまり強くすり込むとデリケートゾーンを傷つけてしまうことになるので注意してください。あくまで”優しく”すり込むのがポイントです。

手順まとめ

  1. 繊維が残るくらいのペースト状にしたレモン入りパパイヤをデリケートゾーンに乗せて5分おく
  2. 軽くマッサージをするようにすり込む
  3. シャワーで洗い流す

パパイヤは豊富なビタミンや酵素を含んでいることで有名で、とくに「パパイン酵素」という酵素が黒ずみに対して効果的な働きを持っています。

パパイン酵素には活性酸素を除去する働きがあるポリフェノールなどの抗酸化物質が豊富に含まれているため、デリケートゾーンの細胞が老化するのを防いでターンオーバーを正常にしたり、新たな黒ずみの発生を予防するサポートもしてくれます。

ちなみにこのパパイン酵素は、未成熟の青パパイヤのほうが豊富に含んでいるのでできれば青パパイヤを使いたいところですが、熟したパパイヤほど多くは売られていないので無理して探す必要はありません。

さらに、ポリフェノールだけでなく脂肪やたんぱく質、糖質を分解する3つの酵素も含んでいて、これにより毛穴に溜まった古い角質や脂、垢などを分解してデリケートゾーンの新陳代謝を活性化させることができるのです。最後に軽くすり込むのも、この働きを利用してデリケートゾーンの汚れをまんべんなく掃除するためというわけです。

また、レモンを加えるのは美白効果を期待するもので、ビタミンCの働きにより肌を活性化させたり、ハリをもたせたりとデリケートゾーンを若々しく保つことができます。ビタミンCはパパイヤにも豊富に含まれているので、このピーリングはとくに美白効果に優れているイメージですね。

ちなみに、この2つのピーリングは叶姉妹が実際に日頃行っているケア方法で、世界中のスパで経験してきた中で自分に一番効果があったケア方法なんだそうです。

毎日とは言わずとも、週に一回休日などに試してみるといいかもしれません。

デリケートゾーン関連記事

クリニックでカウンセリングを受ける女性

クリニックでデリケートゾーンの黒ずみ治療を受ける前に知っておくべき基礎知識

デリケートゾーンの黒ずみはケア商品を使う他にも、クリニックで治療を受けて改善する方法があります。しかし、当然お金はかかるしリスクもあるので、誰もが気安く治療を受けられるというわけではありません。 そもそも、クリニックの中 …