デリケートゾーンの黒ずみ、ファンデーションでごまかしてみた!

「女性の大敵デリケートゾーンの悩み、みなさんはちゃんと向き合っていますか?」

黒ずみ、ムダ毛、肌荒れ、におい・・・人それぞれ悩みは尽きないと思います。

 

「いまは彼氏もいないし、デリケートゾーンのケアは必要ない、、、」

「冬だから見せる機会もないし、、、」

とか言い訳して目を背けていませんか?

 

そんな油断しているときに限って意外とすぐに彼氏ができたり、温泉に誘われたり、水着になる機会が訪れたりするものです。

水着を着るためにムダ毛を処理してびっくり、下着のこすれなどでデリケートゾーンが黒ずんでいて焦ったことがある方もいるのではないでしょうか。

 

黒ずみは保湿ケアや皮膚科通いで軽くなるものですが、皮膚科の先生にデリケートゾーンを見せるのは勇気がいりますよね。

薬局やドラッグストアにも市販の美白クリームが売っているけど、効果が分からないし何となく買うのが恥ずかしい…となかなか手を出せていない方もいらっしゃるのではないのでしょうか。

 

今回は数あるデリケートゾーンの悩みの中でも、「デリケートゾーンの黒ずみ」についてお話していきます。

 

 

意外と何とかなる、ファンデーションでの応急処理

急なお誘いで気になるデリケートゾーンの黒ずみを急いで隠したい時、ケアが間に合わない時、市販のファンデーションを使う方もいるのではないのでしょうか。

 

確かにファンデーションのカバーでデリケートゾーンはきれいに見えるし、ほとんどの女子が持っているので手軽に応急処置ができます。

実際にインターネットで「黒ずみ ファンデ」で検索するとファンデーションで隠そうとする方の記事が多くありますし、中にはボディ専用のファンデーションを使って対応する方の口コミもあります。

 

ボディ専用のファンデ―ションは顔用よりも落ちづらく作られているので、すでに愛用している方もいらっしゃるかもしれません。

ボディ専用はリキッドタイプとパウダータイプがあります。顔用と同じで、リキッドタイプの方がカバー力に優れ、パウダータイプの方が自然に見せてくれる効果があります。

どうしても顔用のファンデーションしかないという方は、デリケートゾーンは汗をかいたり水にぬれたりしやすい部分なので、ウォータープルーフのものを選んで黒ずみをカバーしましょう。

 

ファンデーションはあくまで応急処置、アソコにもよくありません。

ここまで読んで、

 

「じゃあファンデでいいじゃん」

 

と思った方、これはあくまで応急処置にすぎません。ファンデーションはデリケートゾーンの黒ずみを手軽に隠すことができますが、デメリットもあります。

 

デメリット①意外とバレやすい

市販のファンデーションのカラーは豊富ですが、黒ずみを隠せて体の色になじむものを見つけるのは意外と難しいものです。塗る前の保湿や塗り方が雑だと、太陽光に当たるとムラになって見え、塗っているのがバレてしまいます。

 

デメリット②下着・水着に色が付いてしまう

汗・摩擦に強いとされるボディ専用のファンデーションでも、汗をかきやすく常に衣類に接しているデリケートゾーンに使うのは向いていません。

きれいに塗って黒ずみを隠したつもりでも、下着や水着にファンデーションが付いていたら台無しです。また、ファンデーションが布類に付くと洗い落としづらいのは、女性のみなさんならご存知ですよね。

 

デメリット③ケアによっては黒ずみが悪化することも

メイクをしたまま寝てしまった次の日の朝、お肌はくすみ、油のテカテカで大ダメージを受けた経験はありませんか?

デリケートゾーンも、ファンデーションをしっかり落とさないで寝てしまうと、ターンオーバーの周期が崩れてくすみの原因に。また毛穴に入りこんだファンデーションが毛穴の皮脂と混ざり、毛穴の黒ずみが悪化してしまうことになります。

 

ファンデーションで対応した日は必ず寝る前にメイク落としで落とし、デリケートゾーンにも顔と同じような保湿ケアをしてあげましょう。

メイク落としが面倒くさくてそのまま寝てしまうことが多い方には、ファンデーションでの応急処置はおすすめできません。

 

デメリット④ファンデーションの成分がデリケートゾーンに悪影響を与える心配も

市販のファンデーションには、いろいろな成分が配合されています。オーガニックなものや24時間落とさなくても大丈夫なものも販売されていますが、ほとんどのものにはパラベンなどの防腐剤や石油由来の合成界面活性剤が配合されています。

防腐剤は肌荒れを引き起こしアレルギーの原因に、合成界面活性剤は肌を乾燥させバリア機能を壊してしまうというもの。そんなものをアソコに塗るわけですから、使うのが心配ですよね…。

 

美白効果のあるおススメ商品は「イビサクリーム」

ファンデーションを塗るのが不安になった方におススメなのが、「薬用イビサクリーム」です。

 

有効成分が黒ずみにアプローチしながら美白ケアをしてくれ、保湿まで行える「医薬部外品」なのです。

「医薬部外品」とは、作用が穏やかに聞き、効能や効果が期待できる成分の配合された製品のことで、厚生労働省の薬事法で定められたものをいいます。

「イビサクリーム」は薬局やドラッグストアに市販されておらず通販のみの販売となりますが、実際に使用した方の口コミからは96%の高評価を得ていて、デリケートゾーンの黒ずみ対策のランキング(2016年1月株式会社ベンチマーク統計研究所調べより)では1位を獲得しています。

 

どうしてそんなに人気なのか、ご紹介します!

 

人気の理由① 2つの薬用成分と4つの植物成分がデリケートゾーンの黒ずみに効く!

先ほど書いたようにイビサクリームは医薬部外品で、薬用成分の「トラネキサム酸」と「グリチルリチン酸2K」が配合されています。

 

トラネキサム酸」は黒ずみのもととなるメラニンの生成を抑え、黒ずみを薄くし美白に効果があります。

グリチルリチン酸2K」は肌荒れを防止・沈静化してお肌を整える、黒ずみ対策と美肌育成を助けてくれます。

 

他にも、メラニンの生成を抑える4つの植物成分、「サクラ葉抽出液」・「カモミラエキス」・「ダイズエキス」・「オウゴンエキス」も配合されています。

保湿性・抗炎症作用、炎症抑制・保湿作用、美白・抗炎症作用をもつこれらの成分が、メラニンを元から分解し黒ずみに作用し健康な肌サイクルへと導いてくれます。

 

刺激物が一切入っていないので、デリケートゾーンだけではなく全身の黒ずみに使えます。このクリームが1本あれば体の気になるところを一度にケアできますね♪

朝晩1回ずつぬることで、早い方なら数週間ほどで満足感を得ることができ、リピート率も高いです。口コミによると、2か月間で実感を得たという方が多いみたいですね^^

 

人気の理由② 8種類の保湿成分で保湿もバッチリ!

 

「黒ずみ対策に保湿がとても大切なことをご存知ですか?」

 

皮膚が乾燥するとかゆみが出てきて、かきむしってしまうと肌はダメージを受け黒ずみの原因につながってしまいます。

また、お肌が潤っていると古い角質がはがれ新しいお肌が生まれるターンオーバーが理想的な状態になります。

 

このクリームに配合される、「ヒアルロン酸ナトリウム(2)」・「シロキクラゲ多糖体」・「乳酸ナトリウム液」・「ローズ水」・「BG」・「1,2-ペンタンジオール」・「グリセリン」・「1,2-ヘキサンジオール」の8種類の保湿成分がデリケートゾーンをしっかりと保湿ケアしてくれることで、潤いのある肌へと導いてくれます。

 

人気の理由③ 添加物無配合でお肌にとっても優しい!

応急処置としての市販のファンデーションは、デリケートゾーンに使うには少し心配な成分も含まれていましたが、イビサクリームは違います。

安心して使えるように、合成・香料、着色料、鉱物油、アルコール、パラペンを一切配合していません。赤ちゃんが使えるくらい低刺激なクリームなんです。

 

お子さんがいる方はご存知だと思いますが、赤ちゃんのお肌はとてもデリケート。大人がこまめにケアしていても、アトピー性皮膚炎・あせも・おむつかぶれなどの肌トラブルをすぐに引き起こしてしまうほど繊細です。そんな赤ちゃんでも使えるなんて、それは口コミでも評判のクリームになりますね。

公式サイトはこちら→薬用イビサクリーム

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。デリケートゾーンの黒ずみは市販のファンデーションである程度応急処置はできますが、やはり根本から悩みを取り除いた方がよさそうですね。

そして、黒ずみの原因にダイレクトにアプローチしてくれて保湿まで可能なイビサクリーム、効果も実感できるので、私的にはかなりおススメです♪

お肌に合わなかった方には28日間の返金保証があり、このクリームの自信もうかがえますね。急なお誘いにも自信がもてるデリケートゾーン、このクリームで手に入れてみませんか?

公式サイトはこちら→薬用イビサクリーム

 

 

Facebookページで最新記事をチェック!

デリケートゾーン関連記事