「膣トレ」のメリットは?おすすめのトレーニング方法と効果

「膣トレ」のメリットは?おすすめのトレーニング方法と効果

みなさんは「膣トレ」をご存知ですか?

尿漏れ・頻尿の改善や、出産後の骨盤のゆるみを引き締めてくれたりと、女性のデリケートゾーンやカラダを健康にするとても効果的なトレーニングです。

その他にもさまざまなメリットがあり、内容も簡単なものなのでぜひ1度チャレンジして習慣化してみてください♪

膣トレがもたらす効果・おすすめポイント

膣トレーニングは主に「膣圧」を上げるために行うものです。

膣圧をあげることで出産・年齢ととも緩んでしまった骨盤を引き締めたり、デリケートゾーンの感度をアップしたり、下半身のシェイプアップなどさまざまな効果をもたらします。

また、女性ホルモンが活発になるので、肌の美容効果や生理痛を軽くするなどの役割もあります。

女性の体の悩みをたくさん解決してくれるメリットにばかりのトレーニングなんですね!

自分の膣圧を確認しよう!簡単チェック

トレーニングを始める前に、まずは今のデリケートゾーンの膣圧がどのくらいかを知りたいですよね。

専門のクリニックに行けば膣圧を測ってもらうことができますが、自宅で調べることもできます!

立っている状態で肩幅と同じくらいに足を開き、力を抜いて2本指をデリケートゾーンの膣内に入れます。

そのままゆっくり力を入れ締め付けている感覚がしっかり感じられれば膣圧に問題はありません。

「デリケートゾーンがちょっと緩いかな?」と感じた方や、「もっと膣圧を上げたい!」という方は今から紹介するトレーニングをおすすめします♪

簡単!「ケーゲル体操」で膣トレ

簡単!「ケーゲル体操」で膣トレーニング

このトレーニングは「骨盤庭筋体操」とも呼ばれ、もともとアメリカで尿失禁の女性患者のために開発されたものです。

尿漏れを防ぐほか、出産がスムーズになったり「感度が上がった」という声が続々とあがり、有効な膣トレーニングとして広まっていきました!

ケーゲル体操のやり方

手順

  1. カラダの力を抜いた状態で立ち、肩幅と同じくらいに足を広げる
  2. 5秒かけて息を吸いながら膣に力を入れ締めていく(持ち上げるイメージで)
  3. その体勢のまま息を止め、5秒間キープ
  4. また5秒かけてゆっくり息を吐き、力を抜いていく
  5. これを数回繰り返す

慣れてきたら、呼吸を5秒でなく10秒に増やすとより高い効果を得ることができます!

また、ケーゲル体操は手順2~5を実践することで座りながらでもできるので、テレビを見ながらや電車の中などスキマ時間を使って挑戦してみてくださいね。

膣トレはヨガのポーズでもできる!

膣トレーニングはヨガのポーズでもできる!

実はヨガにも膣圧を高めるのに良いポーズがあるんです。

趣味でヨガをやっている方や、これから始めようと思っている方、エクササイズのついで膣トレを始めてみてください♪

橋のポーズ

橋のポーズ

「便秘」や「腰痛改善」「安眠」に効果があるこちらのポーズ。腸を刺激して膣を引き締めてくれます♪

やり方は下の通りになります。

手順

  1. 仰向けで寝転がり、腰の位置と同じ幅に足だけを立てる
  2. 息を吐きながらゆっくりとお尻を上げていき、背中で両腕を組みさらにお尻を高く上げていく
  3. お尻が下がらないように保ちながら30秒キープ
  4. 息を吸いながらお尻をゆっくり床に降ろしていき、全身の力を抜く

やってみると分かりますが、意外とリラックスできるポーズなので就寝前に行うとぐっすり眠れて一石二鳥ですよ♪

花輪のポーズ

花輪のポーズ

妊娠・出産に伴ったデリケートゾーンのゆるみ、骨盤のゆるみに効果をもたらすポーズと言われています。

やり方は下の通りです。

手順

  1. 立った状態で姿勢を正し、肩幅と同じ広さに両足を開く
  2. 胸の前で手を合わせ、背中をピンと伸ばした状態のままゆっくりとしゃがむ
  3. 足がM字になるように開きながら、両膝の間に合わせた手の両肘を入れていく
  4. その両肘でさらに膝をぐっと開く
  5. 息を吸いながら膣を持ち上げるようなイメージで締め、5秒(10秒)キープ
  6. そのままゆっくり力を抜く

いわゆる「ヤンキー座り」によく似たポーズです。

内臓の働きを活発にしてくれたり、膣の引き締め以外にも効果をもたらしてくれます!

膣トレは妊娠中に行っても大丈夫?

妊娠中のトレーニングは可能ですが、健康状態や医師の確認を取ってから行うようにしましょう。

「マタニティヨガ」があるようにヨガのポーズが特におすすめで、先ほどご紹介した「花輪のポーズ」は「安産のポーズ」とも呼ばれています。

スムーズにお産が進み、産後の膣も引き締まり美しい体型を維持できます。

膣トレは継続が何よりも大切!無理なく続けるには?

無理なく健康でキレイな体へ!膣トレーニングを始めよう

膣トレのためのヨガや体操の方法を紹介してきましたが、ダイエットと同じようにシンプルながらも実践し続けるはなかなか困難です。

そこでオススメなのが膣トレグッズに頼ることです。日々の膣トレ効果を向上させるだけでなく、中にはカラダを動かす必要がなかったりします。

1つは履くだけで膣トレ効果が期待できる「締めキュット」という商品ですね。ゆるみを左右する「正しい姿勢」をサポートしたり、たるんだお尻の改善もできます。

締めキュット

つい最近になって、パートナーにガバガバを指摘された方は絶対に試してほしいです。

で、膣のゆるみだけでなくデリケートゾーンのにおいとかも気になる人には、LCラブコスメが提案する「膣トレセット」とか試してみるとよさそうです。

膣トレセット

ちなみに、出産に関わらず女性は20歳を過ぎた頃から徐々に骨盤が緩みやすくなり始めます。

今回紹介したトレーニングを実践しておけば、膣のゆるみをあらかじめ予防できるので、少しでも興味を持たれた方は早いうちから対策しておきたいですね。

デリケートゾーン関連記事

ジャムウソープ

猫でもわかるジャムウソープの基本と4つの選び方

デリケートゾーンのにおいや黒ずみが気になったら、手軽に始められるケア商品として「ジャムウソープ」が候補にあがってくるかと思います。 でもどの商品も同じに見えて、どれにしようか迷ってませんか? そんな方のために、そもそもジ …