パンツや股ずれによるデリケートゾーンのこすれを予防・改善する方法!かゆみ・黒ずみ解消にも!

デリケートゾーンのこすれ

デリケートゾーンがこすれて痛い・かゆいことってありませんか?それって実はデリケートーゾーンにとても負担がかかっている状態で、黒ずみの原因にもなってしまうんですよ。

みなさんも思い当たる節はあると思います。違和感を感じても可愛さ優先で下着を選んだり、ナプキンは適当に選んでいたりと、私もそんな時期があったので今ではとても後悔しています。

デリケートゾーンのケアは黒ずみやにおいに対して直接的に対策するだけでなく、それ以外のことにも気を使わなければいけません。

そこで今回は、デリケートゾーンのこすれがどれだけよろしくないものなのか、こすれの予防・改善方法も併せて紹介していきます。

デリケートゾーンのこすれの原因

デリケートゾーンのこすれは大きく分けて「衣類や生理用品などによるこすれ」と「皮膚同士によるこすれ」の2つに分けられます。

これらによってデリケートゾーンや足の付け根(Vライン)が赤く腫れてかゆくなったり、黒ずんだりしてしまうわけですね。

衣類や生理用品などによるこすれ

具体的には、締め付けの強いパンツやストッキング、下着などを履いていたり、ナプキンやおりものシートなどの生理用品によって摩擦が生じ、デリケートゾーンがこすれてしまいます。

こすれて頻繁にかゆみを感じるという人は、そのパンツや下着、もしくは生理用品が合っていない証拠です。そのまま放置してしまうと黒ずみやかぶれの原因にもなってしまうので、違和感を感じている方は要注意です。

皮膚同士によるこすれ

股ずれなどによって足の付け根や内もも、デリケートゾーン付近の肌が密着することでこすれてしまいます。こちらも下着や衣類などによる影響もありますが、体型や歩き方、生理中や運動時などの状況がとくに大きく影響しています。

衣類や生理用品を替えるだけで改善される場合もありますが、ダイエットをしたり、歩き方を矯正しなければ改善できないこともあるので、衣類や生理用品などによるこすれに比べて改善へのハードルが高くなってしまいますね。

こすれによって生じる「かゆみ」「黒ずみ」について

かゆみを感じる女性

パンツや股ずれによるこすれを長く放置してしまうと、かゆみや黒ずみの原因にもなってしまいます。

かゆみは衣類と皮膚、もしくは皮膚と皮膚がこすれることで摩擦が生じ、それによって肌が乾燥することでかゆみを感じやすくなります。またデリケートゾーンはとても敏感なため、かゆみを感じてかいてしまうと赤く腫れあがったり、炎症を起こしたりと様々なリスクを招いてしまいます。

黒ずみについては、衣類の締め付けや股ずれによって肌が刺激を受けると、黒ずみの原因となるメラニン色素を発生させるメラノサイトが活発になり、肌のターンオーバーが追いつかないほどのメラニン色素が生成されることで、そのメラニン色素が皮膚に残ってしまい黒ずみが発生します。

これらはどちらも併発する恐れがあるので、できるだけデリケートゾーンのこすれを抑え、かゆみや黒ずみが生じないように工夫する必要があります。

デリケートゾーンのこすれを予防・改善する方法

ゆったりとした下着選び

デリケートゾーンのこすれを予防・改善する方法はいたってシンプルで、こすれの原因となる「衣類や生理用品」と「皮膚同士」の2つにアプローチするだけです。

まず下着についてですが、できるだけ締め付けの緩い下着を選ぶのがいいですね。最近ではとくに「ふんどしパンツ」が人気で、Vラインにゴムを使用していないのでゆったり履けて解放感があると評判です。

とくに楽天では「ふんどしショーツ」が今とても人気で、見た目はふんどしそのものって感じですが、実際に履いてみると可愛くなるし、締め付けがなくゆったりしていて履きご心地がいいと多くの購入者から高く評価されています。

他にもサニタリーショーツや女性用のトランクス、股ずれ防止用のレギンス、運動する人ならスパッツを履くなど、下着については色々な対策方法があります。

下着選びについてもっと詳しく知りたいという方は下の記事をご覧ください。

【決定版】デリケートゾーンの黒ずみをなくす上手な下着の選び方

もちろんナプキンでも、ずれ防止のために羽がついているものを選んだり、2枚重ねにしてみるなど工夫すればナプキンがずれるのを防ぐことができます。

そして、皮膚同士のこすれよる摩擦を少しでも減らすには、股ずれ対策クリームを使うのがオススメです。「フェミニーナ軟膏」や「デリケア」といった軟膏を使ってもいいですが、個人的には「イビサクリーム」がオススメですよ。

イビサクリームは本来黒ずみケアのためのクリームなんですが、実は股ずれ対策にも効果的で、肌を保護する有効成分としっとりなめらかにしてくれる保湿成分が配合されているので、デリケートゾーンに塗るだけで皮膚同士の摩擦による刺激を軽減することができます。

さらに黒ずみケアもできて一石二鳥なので、軟膏よりもオススメですよ。イビサクリームが気になる方は、実際に使ってみた体験談もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

【体験談】イビサクリームを3ヵ月使ってみた結果

デリケートゾーン関連記事

「膣トレ」のメリットは?おすすめのトレーニング方法と効果

「膣トレ」のメリットは?おすすめのトレーニング方法と効果

みなさんは「膣トレ」をご存知ですか? 尿漏れ・頻尿の改善や、出産後の骨盤のゆるみを引き締めてくれたりと、女性のデリケートゾーンやカラダを健康にするとても効果的なトレーニングです。 その他にもさまざまなメリットがあり、内容 …

ふとしたときのにおいやかゆみに!持っておくと便利なデリケートゾーンケアおすすめグッズ

石鹸やクリームを使って日頃からデリケートゾーンのケアをしていても、外出先や仕事先でふとにおいやかゆみが気になることってありませんか?私もデリケートゾーンのにおいやかゆみケアは日頃から念入りにしているんですが、どうしてかふ …